ほくろ除去,ホクロ取り

ホクロ除去 傷痕

ホクロ除去をする事を決めたはいいが、傷あとが残ってしまわないか心配という人はきっといることでしょう。 自分が思っていた通りにほくろは除去されなくなったが、跡が残ってしまったでは話になりませんよね。 できれば皮膚への負担が少なく、傷あとが目立たない方法でほくろ除去を受けたいものです。 ほくろ除去の方法としてはレーザーを用いた方法、メスを利用した方法があります。 傷あとの点で比べてみるとやはりメスを利用した方法の方が残りやすいと言われています。 メスを利用した方法の中に、電気メスを利用した方法があるのですが、こちらは比較的傷が目立ちにくく傷の治りが早いと言われています。


もう一方のレーザーを用いた方法は、現在主流の方法となっており多くのクリニックで用いられています。 レーザーを用いて除去した場合、治療後一時的にかさぶた状態にはなりますが、数日すれば自然に剥がれてしまうので大丈夫です。 気をつけなければならないことは、かさぶたを無理に剥がしたりしないことです。 無理に剥がしてしまったことで傷あとが残ってしまう可能性があるからです。 ほくろの除去方法には他にもくり抜き方法、切除縫合法といった方法があります。 傷あとをできるだけ残さずほくろを除去したいという方はレーザーを用いた方法が一番最適だと思います。 ほくろの大きさなどによってはレーザーが向かない場合もありますので、担当の医師の方と相談して決めるとよいでしょう。