ほくろ除去,ホクロ取り

ホクロ取り レーザー治療

ほくろ除去の方法の一つとして最近注目を集めているのがレーザーによる除去です。 美容外科や形成外科などでレーザーによる治療を受けることができます。 さてこのレーザーですが一種類だけでなく何種類かあるのをご存知でしょうか? ほくろを除去する際に使用されるのは、レーザーの中でも黒色や茶色、青色に反応するレーザーです。 ほくろは黒や茶色なので十分レーザーに反応します。最近ではレーザーを用いてアートメイクやタトゥーを薄くしたり消すことができるようになりました。 黒や茶色に反応するレーザーの場合その他の色には反応しづらいので、アートメイクは黒系なのでよいのですが、タトゥーで黒系や茶系以外の色が入っている部位は反応しづらく難しいかもしれません。


レーザーというとどこか痛そうで危険なのでは?というイメージがありますが、近年レーザーを用いたほくろ除去法は主流となっており安全性も高くなってきています。 レーザーを用いる方法以外にもメスを利用して切除する方法などありますが、レーザーを用いた方法よりも傷跡が残りやすいと言われています。 レーザーはメスを使って取り除く方法よりも、ほくろを除去した跡が目立ちにくく、治りが早いとされています。 ほくろに用いるレーザーは黒色や茶色、青色系に反応するとお話しましたが、ほくろだけでなく、黒色や茶色、青色系の紙の色も落とすことができると言われています。 特定の色のみ反応するので他の部位への影響は少なくすむのではないでしょうか。

レーザー治療

ほくろ除去を行っている場所の一つとして皮膚科クリニックがあります。他にもほくろ除去治療を行っている所はありますが、やはりほくろは皮膚にできていいるものなので皮膚科での除去が一番安心ではないでしょうか。 皮膚科クリニックで行われているほくろ除去方法の多くはレーザー治療だと言われています。 レーザー治療がなぜ支持されているかというと、安全性の高さと皮膚への刺激が少ないからなのです。 皮膚への刺激も気になる点ではありますが、やはり安全性というのが一番気になる点ですよね。ほくろには小さなものから大きなもの、盛り上がりっているものもあれば根の深いものまであります。このようにほくろと言ってもさまざまな特徴があるのです。レーザー治療を行う際は、ほくろの形などを考慮しどのレーザーを利用するか決めます。

レーザーでほくろ除去を行う際に多く使用されているのが、Qスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーと呼ばれるレーザーです。 一つ目のQスイッチヤグレーザーはメラニン色素のあるものだけに反応するという特徴を持っており、シミなどの治療の際にも利用されています。 もう一方の炭酸ガスレーザーは小さなほくろだけでなく、盛り上がりのあるほくろを除去する時にも利用されています。 このようにほくろによって最適なレーザーがあることがわかりますね。 レーザーを用いてほくろ除去を行った場合、皮膚への負担が少なく跡が目立たないと言われていますが、一時的ですが除去後かさぶたになったりすることがあります。

ほくろは黒あざの一種

顔や体にいつの間にかできているほくろですが、どのような原因で起こってしまうのでしょうか。 実は、ほくろはメラニン細胞が増殖したことによりできます。 メラニンが沈着すると、皮膚のいろんな場所が黒ずみを帯びてきます。 陰部の黒ずみも、そうでしょう。
ほくろは皮膚の腫瘍と言ってもよいでしょう。腫瘍というと悪性のがんなのか?とイメージしてしまいますが、決してそういう事ではありません。 必ずしも腫瘍=がんではないので誤解はしないで下さい。腫瘍は良いものも悪いものも両方あるからなのです。もし全ての腫瘍=がんであったなら、ほくろは皮膚にできた腫瘍なのでほくろが全部悪性のがんということになってしまいますよね。 がんというのは悪性化している腫瘍に対して使う言葉なのです。さて、皮膚がんの一種にほくろのがんというものがあるのですがご存知でしょうか。テレビなどで一時期特集などがされていてご存知の方も多いと思いますが、実は黒人の人よりも白人の人の方がどちらかというと多いと言われています。

とはいっても,このほくろのがんは非常に稀な病気だとも言われています。 がんには胃がんや肺がんなどさまざまなものがありますが、中でもこのほくろのがんは進行が早いのです。 シミやソバカスに関係のあるメラニン色素。メラニン色素の量を比べてみると白人の人が一番少ないとされ、モンゴロイドの人は逆に多いと言われています。 ほくろの原因やほくろのがんについてお話してきましたが、ほくろとがんについてですが因果関係はまだはっきりと解明されていないといわれています。